愛と赦し

聖書とは、神様からのメッセージです。聖書の中にはたくさんの神様の愛があふれています。聖書を学ぶということは、「愛」を学ぶということなのです。
ここでは、聖書の中から毎月一小節を選び、わかりやすく牧師が説きます。

 

 

愛と赦し 

しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、
迫害する者のために 祈りなさい。

      
マタイの福音書5章38~48節

2001年9月11日、ニューヨーク、マンハッタンの

世界貿易センタービルはテロによって攻撃され何千人もの人が死亡しました。

テロへの恨みや憎しみは更なる争いへと拡大して行きました。

アメリカは旧約聖書の「目には目を歯には歯を」という復習の

正当性を盾に反撃に転じました。

人間同士、赦し合うということはどんなに難しいかお互いが知るところです。

私たちの社会はやられたらやり返す、それが当然のこととして

受け止められています。


 「目には目を、歯には歯を」、これは旧約聖書に出てくる言葉ですが、

それは「仕返しをする。」という意味合いよりも

「それ以上のことをしてはいけない。」という意味合いが強いのです。

目を傷付けられたのだったら目だけにしておきなさい。

歯を折られたのだったら歯だけにしておきなさい。

そこには神の愛と配慮があるのです。

でも多くは「やられたらやり返せ。」という風に理解されています。

 

キリストは何と言われたのでしょうか。

「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」と仰いました。


1924年パリオリンピックの400メートルで優勝した

イギリス人のエリック、リデルという人がいました。

この人は「炎のランナー」という映画のモデルになった人です。

彼は宣教師に成って中国にいた時、戦争に巻き込まれ民間人抑留者として

捕らえられていました。彼は収容所の中でバイブルクラスを開いていました。

ある時「敵である日本兵を愛することが出来るか。」という議論が

持ち上がりました。

「それは理想だ、敵である日本兵を愛することは出来ない。」という

結論になりかけていた時、リデルが口を開きました。

「僕もそう思っていた。

でも、イエスの言葉には『迫害する者のために祈りなさい。』という続きがある。

愛せなくでも、祈ることは出来るはずだ。」と言ったリデルは

毎朝早くおきて日本のために祈っていたと言うのです。

 

やり返すことは簡単です。

でも、攻める者のために祈る時、新しい解決が生まれてくるのではないでしょうか。

あなたもイエス・キリストのことばに心を傾けませんか。

 

あなたの上に神の恵みがありますように。